小林 勇介(Yusuke KOBAYASHI)

kobayashi_HP
  • 出身地:
  • 大阪府
  • 出身大学:
  • 2010年 立命館大学文学部地理学専攻卒業(地生態学・GIS)
  • 2010年 本コース修士課程修了
  • 趣味:
  • 鉄道,山岳(縦走・沢登り),自転車ツーリング
  • 研究テーマ:
  • 読図,空中写真・衛星画像の実体視判読,フィールドワーク
  • 研究手法:
  • ■登山道侵食のメカニズム
  • 私は,登山道荒廃,とりわけ侵食について研究しています. 修士論文では,北海道百名山のうち48の山を踏査し,侵食状況をまとめました. また,個々の侵食の形態に着目しました.その結果,表層物質と侵食形態の関係において,河川地形に似たパターンがあることが分かりました.
  • ■登山道管理
  • 現在,大雪山国立公園を中心に,「近自然登山道工法」とよばれる河川管理を応用した手法が登山道管理で用いられています.その他,地域ごとに様々な取り組みが行われており,管理手法と管理団体について興味関心があります.
  • 研究手法:
  • フィールドワーク(まずは山を歩き,侵食している場所を探すことから始まります)
  • 写真測量(3D図化・LPS・UAV)
  • 連絡先:
  • E-mail:ykobayashi48 at icloud.com ※atを「@」にしてください
  • 論文:
  • 小林勇介 (2010): GISを用いた竹林の分布変化の研究ー京都府西南部における事例ー.地理学論集,85, 42-50.
  • 主な発表:
  • 小林勇介,2010.登山道荒廃に関する研究—北海道百名山を事例に—.2010年度東北地理学会・北海道地理学会秋季学術大会,2010年9月18日,北海学園大学.
  • 小林勇介,平川一臣,小松哲也,小畑貴博,渡辺悌二,2013. 北海道における登山道侵食のパターン—12の山での「登山道侵食」地形学図の作成でわかったこと—. 2013年度日本地理学会春季学術大会, 2013年3月30日, 立正大学. 
  • Kobayashi, Y., Hirakawa, K., Komatsu, T., Obata, T., Watanabe ,T.: Understanding the pattern of mountain trail erosion, based on the construction of geomorphological maps in 12 mountains of Hokkaido. IGU Kyoto Regional Conference, 6-7 August 2013. ※Poster Presentation
  • Kobayashi, Y.: Understanding the geomorphological feature of moountain trail erosion, based on the construction of geomorphological maps in 12 moountains of Hokkaido, Japan. Joint Symposium on Environmental Science 2013, Bridging Finland and Japan. Helsinki University, on 27 November 2013 (ヘルシンキ大学で開かれたセミナーで口頭発表をしました)
  • Kobayashi, Y.: Spatial distribution of mountain trail erosion in 29 moountains of Hokkaido, Japan. Joint Symposium on Environmental Science 2013, Bridging Finland and Japan. Helsinki University, on 27-28 November 2013 (ヘルシンキ大学で開かれたセミナーでポスター発表をしました)